高卒採用を実施する企業が急増中。高卒を採用する利点は?

就職氷河期と呼ばれていた時代も今は昔、現在は多くの企業が採用活動に乗り出しています。就職活動者にとっては企業を選びやすい時代です。

採用担当者が求人情報を掲載する際、応募条件に「大卒以上」や「第二新卒」という文言をよく使います。以前ほど学歴が採用の合否に影響しなくなったとは言え、大卒以上を対象とした採用が今でもメジャーです。一方、人材不足の問題から採用活動に力を入れる企業が増えた昨今、大卒の人材確保が難しいため、高校卒業後、すぐに就職をする「高卒」が注目されつつあります。

高卒者を採用するメリットは以下の通りです。

大卒者よりも早い段階から人材育成ができる

一般的に、大卒者は22歳で初めて企業に入社します。一方、高卒者は18歳。大卒者に比べて4年早い入社となります。双方ともに定年まで働く前提であれば、高卒者は大卒者より4年も長く働きます。当然、企業にとって必要な知識やスキルもその分多く身に着くため、将来的により大きな貢献を期待できます。

内定辞退のリスクが低い

高卒採用においては、1人1社制のルールが設けられています。一定期間が過ぎるまでは、複数企業の採用面接を受けることができません。そのため、内定を出したらそのまま就職するケースが多いです。大卒者のように、内定を辞退される可能性が低いため、採用担当者の負担が少なく、コストも安く済みます。

人材育成に注力しているという評価を得られる

時代によって採用に関する様々な事柄が目まぐるしく変化する中、人材育成の重要性は変わりません。きちんと人を育てている企業は、世間的に評価される傾向にあります。高卒者は大卒者に比べて年齢が低いです。未熟な部分も相応にあると考えられますが、あえて未熟な高卒者を受け入れ、指導することで、しっかりと人材育成をしている企業であると判断されるようになります。結果的に、大卒者や転職希望者も集めやすくなるという効果が見込めます。

以上のメリットがあるため、現代では積極的に高卒採用を実施する企業が増えているとのことです。しっかりと育成にあたり、ケアをすることで輝く高卒者。4年間、会社に従事した経験は、大卒者が持つ経験以上に企業の力になると言っても過言ではないでしょう。

高卒採用は、基本的に高校教師を通して行われます。大卒者を募集するように、多くの求人情報掲載サイトを利用して募集をする必要性が低いです。ただし、中には何らかの事情により高校卒業後、自分1人で仕事を探している高卒者もいます。そのような高卒者の応募も集めるためには、自社内の採用募集ページを設けたり、求人情報掲載サイトを利用したりすることも大切です。

自社内に採用ページを持つのであれば、求人専門の検索エンジンindeedで、情報が上位表示されやすくなります。毎月1億を超える利用者がいることから、indeedでの上位表示は、採用において重要と言えます。アドヴァンテージをはじめとした正規代理店もあわせて活用しながら、多くの高卒者を集めましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL